知っておきたい風邪の種類・特徴

知っておきたい風邪の種類・特徴

★ひとくちに風邪といっても、発熱、咳、鼻水、くしゃみ、喉の痛み、頭痛など、その症状はいろいろです。それぞれに応じた対処の仕方を知っておきたいものです。

サイトトップ > 風邪の基礎知識

スポンサードリンク

知っておきたい風邪の種類・特徴

風邪の基礎知識


風邪は誰でも何度かはかかってしまうものです。それだけ身近な疾患というわけですが、そもそも風邪とはどんな疾患なのでしょう?


それは、気道から吸い込んだ病原体から引き起こされる頭痛や発熱、更に鼻水、くしゃみ、喉の痛み、咳などの特に呼吸器症状を含んだ感染症の総称となっています。


風邪の原因となる病原体は非常に多くて数百種もあるのがやっかいで、そのために、一度風邪に感染して免疫ができたとしても、免疫記憶がない別の風邪の病原体も多いので、これに感染すると、結局何回も風邪症候群を引き起こしてしまいます。


また、冬の寒い時期には特に風邪を引きやすいというイメージがあると思いますが、それは事実で、気道から感染するウイルスであるインフルエンザウイルスは、寒い冬に増加するのです。それは、寒いと空気が乾燥してウイルスの感染力が維持されるからです。


暖房をすれば、温度は高くできますが、加湿しないと湿度は更に低くなり、ウイルスの感染力は変わらないのです。また、暖房を入れると換気が悪くなれば、室内にウイルスが滞留してしまいます。


風邪の症状はいろいろで、発熱、頭痛、鼻水、くしゃみ、咳、喉の痛みなど、風邪のタイプによって変わります。こうした風邪の特徴を次項でお話しましょう。


知っておきたい風邪の種類・特徴

MENU



スポンサードリンク